タープの種類と選び方

タープ

タープとはテントの入口前にセッティングする屋根のようなものです。

 

基本的に食事などはこのタープ内で行い、自宅で言うとリビングスペースのようなイメージでしょうか。

 

テントによってはリビングスペースがあらかじめ確保されているタイプもあるので必ず必要とは言えないのですが、種類によってはその他の用途にも使えます。

 

もっとも一般的なタープに該当するのがスクリーンタープで、床部分が無いテントといった形です。

 

テント本体と連結されていることが多いのでセッティングもしやすく、壁部分はスクリーン、つまり網目になっているので視界も確保できますし虫が入ってくる心配もありません。

 

風通しも良いので非常に快適で、雨も防ぐことができます。

 

食事も可能ですがバーベキューなどは煙がこまってしまうのでタープの外でやる必要が出てくるでしょう。

 

カーサイドタープは車の側面に配置するタープで、車内部とタープ内が1つのスペースとして使えるようになります。

 

車内で寝泊まりするような場合には便利ですが、ファミリーキャンプでは十分なスペースを確保するのが難しいため不向きと言えます。

 

ウイングタイプ、ヘキサタイプ、レクタングラータープ、スクエアタープはスクリーンタイプのようにテント本体と連結しておらず、独立して使うタイプのタープです。

 

それぞれ形や大きさが違いますので最適なものを選ぶのがポイントで、特にレクタングラータープ、スクエアタープは大きいタープになっているので大人数でのキャンプに向いています。

 

その分セッティングも大変ですので無駄に大きいタイプを選んでしまうと苦労しますので注意しましょう。


関連ページ

テントの種類と選び方
キャンプをするためにはまずテントを用意する必要がありますが、テントにもいくつかの種類があります。それぞれで特徴が違いますので最適なものを選ぶようにしましょう。まず、もっとも一般的と言えるのがドーム型テ
シュラフの種類と選び方
シュラフとは寝袋のことで、封筒型とマミー型と呼ばれる2つの種類があります。どちらを選ぶかで就寝時の快適性も変わってきますので自分たちに合ったものを選びましょう。まず封筒型ですが、こちらは名前の通り封筒
ランタンの種類と選び方
ランタンにはホワイトガソリンを使ったもの、LPガスを使ったもの、LEDをつかったものの3種類があります。まずホワイトガソリンランタンは光量がとても大きいのが特徴で、メインの照明として大活躍してくれます
バーナーの種類と選び方
バーナーとは料理を作るためのアイテムで、家庭にあるレンジの簡易版と考えればイメージしやすいと思います。バーナーには鍋を1つ置けるシングルバーナー、2つ置けるツーバーナーなど、いくつかの種類があります。