テントの種類と選び方

テント

キャンプをするためにはまずテントを用意する必要がありますが、テントにもいくつかの種類があります。

 

それぞれで特徴が違いますので最適なものを選ぶようにしましょう。

 

まず、もっとも一般的と言えるのがドーム型テントです。

 

文字通りドームのような形をしており、私達がテントと聞いてイメージするテントはこのドーム型です。

 

コンパクトで持ち運びがしやすく、ドーム型のため風の抵抗を受けにくいので風が吹いている時でもテントが動いてしまったり揺れたりすることがありません。

 

十分な大きさのものを選べばファミリーキャンプにも対応できるため迷ったらドーム型を購入するのも1つの方法です。

 

次にオールインワン型です。

 

こちらはドーム型テントにリビングを追加したタイプでより広い作りになっています。

 

家族全員が入っても十分な広さがあり、テントの中で快適に過ごしたいなら最適なタイプと言えます。

 

ただしリビングが増えたことでテント自体の大きさ、重さも増えますので持ち運びがしづらいという欠点があります。

 

セッティングにも手間がかかりますので慣れていないうちは苦労するかもしれません。

 

最近家族連れの方に特に人気が高いのがロッジ型です。

 

ロッジ型テントは見た目が家のようで、快適性はもっとも高くなります。

 

まさしくロッジで過ごしている感覚を味わうことができ、大人でも中で立ち上がることができますので不便さを感じることはないでしょう。

 

セッティングも比較的簡単で、キャンプ場でもロッジ型テントを使っているファミリーをよく見かけます。

 

これら3つのタイプからキャンプ場の環境や持ち運びの手間などを考えて最適なものを選びましょう。


関連ページ

タープの種類と選び方
タープとはテントの入口前にセッティングする屋根のようなものです。基本的に食事などはこのタープ内で行い、自宅で言うとリビングスペースのようなイメージでしょうか。テントによってはリビングスペースがあらかじ
シュラフの種類と選び方
シュラフとは寝袋のことで、封筒型とマミー型と呼ばれる2つの種類があります。どちらを選ぶかで就寝時の快適性も変わってきますので自分たちに合ったものを選びましょう。まず封筒型ですが、こちらは名前の通り封筒
ランタンの種類と選び方
ランタンにはホワイトガソリンを使ったもの、LPガスを使ったもの、LEDをつかったものの3種類があります。まずホワイトガソリンランタンは光量がとても大きいのが特徴で、メインの照明として大活躍してくれます
バーナーの種類と選び方
バーナーとは料理を作るためのアイテムで、家庭にあるレンジの簡易版と考えればイメージしやすいと思います。バーナーには鍋を1つ置けるシングルバーナー、2つ置けるツーバーナーなど、いくつかの種類があります。