初心者がBBQで上手に火をおこすコツ

火起こし

キャンプの定番であるBBQですが、問題になるのが火起こしです。

 

初心者にとって火起こしは非常に大変で、火が付くまでに長時間かかってしまったり、そもそも何度やっても火を起こせない可能性もあります。

 

ですがコツさえ知っていれば簡単にできますのでそのコツについて把握しておきましょう。

 

まずはコンロに着火剤を置くのですが、着火剤はなるべくコンロ全体にバランスよく配置しましょう。

 

よく言われるのが米の字を描くように配置するという方法です。

 

これで全体に着火剤がバランスよく配置され火が起こしやすくなります。

 

着火剤の配置が終わったら次に炭を上から乗せていくのですが、まずは小さい炭から乗せていくのがポイントです。

 

空気の通り道を作ってあげる必要がありますので敷き詰めるのではなく、ところどころに隙間を作るように意識しながら乗せていきましょう。

 

ここまでが終わったら実際に火を起こしていくのですが、使うのはチャッカマン、もしくはトーチバーナーです。

 

トーチバーナーはカセットボンベに取り付けることでバーナーとして使えるアイテムで、勢い良く火を出すことができますから火起こしがぐっと楽になります。

 

初心者ならチャッカマンよりもトーチバーナーを使うのがおすすめです。

 

着火剤に火を付け、炭をゆっくり燃やしていきましょう。

 

風が吹いている場合は問題ありませんが、もし風が吹いていない場合はうちわなどで軽くあおいで空気を送り込んであげるとより火が起こしやすくなります。

 

火起こしで大切なことは着火剤の配置と空気の通り道があるかどうか、この2つです。

 

逆に言えばこの2つがしっかりできていれば誰でも簡単に火起こしができます。


関連ページ

キャンプ初心者のキャンプ場の選び方
キャンプで大切なことの1つがキャンプ場の選び方です。特に初心者の方にとってこれは重要なポイントになりますので、どんなキャンプ場が最適なのかを把握しておきましょう。まずチェックしたいのが自宅からの距離で
キャンプで使うテントの選び方
キャンプと言えばテントですが、テントにもたくさんの種類があるためどれを選んだらいいのか迷ってしまうことも珍しくありません。ここではテント選びの時に注意しておきたい点について紹介します。まずもっとも大切
テントセッティングのポイント
キャンプ初心者の方にとって苦労するのがテントのセッティングです。キャンプ場に着いたらまずはセッティングをするのですが、この作業に時間がかかってしまい予定が大きく狂ったなんてケースも少なくありません。ま
アウトドアクッキングの魅力
キャンプをするうえで食事は欠かせないイベントです。普段の生活のように便利なキッチンやコンロを使えるわけではなく、火起こしから自分でやる必要がありますがこの手間が良い思い出になります。キャンプでの料理、
料理の幅が広がるダッチオーブンを使ってみよう
キャンプでの料理というと使える道具などの関係で同じようなものになりがちですバーベキューやカレーは定番料理で美味しいのですがキャンプのたびに同じメニューだとどうしても飽きてしまいます。そこで便利な存在が
ダッチオーブンのシーズニング
ダッチオーブンを使う時はシーズニングという作業をしなければなりません。使うたびにするのではなく、購入した後に1度行うだけでかまわないのですが、必ずしておかなければならないので注意しましょう。なぜシーズ
快適なキャンプを楽しむための上手なランタンレイアウト
キャンプ場は夜になると真っ暗になるため照明は欠かせません。そこで活躍するのがランタンなのですが、ランタンのレイアウト次第でキャンプをぐっと快適にすることができます。まず、意外と問題になるのが虫です。虫