快適なキャンプを楽しむための上手なランタンレイアウト

ランタン

キャンプ場は夜になると真っ暗になるため照明は欠かせません。

 

そこで活躍するのがランタンなのですが、ランタンのレイアウト次第でキャンプをぐっと快適にすることができます。

 

まず、意外と問題になるのが虫です。

 

虫は光に集まる習性があるためランタンを使うとどうしても虫が集まってきてしまうのですが、これがとても厄介です。

 

蚊はもちろんですが他の虫も見た目にも不快だったりして雰囲気を台無しにしてしまうのです。

 

そこでランタンを2つ用意し、1つは強い光を、もう1つは弱い光を出すようにします。

 

そして強い光のランタンをテントから少し離れた所に配置し、弱い光のランタンを自分たちで使うようにすれば虫は強い光のランタンに集まりますので簡単な虫除けが完成です。

 

また、ランタンを使うことで影ができてしまい、影の部分が見えにくくなって不便なのですがこちらもやはり複数のランタンをレイアウトし影を消すようにすれば快適になります。

 

テントの中に配置する時は地面に置くのではなく、テントに吊るすようにするとスペースを取らず、より使いやすくなります。

 

電池式のタイプなら落ちたりしても安全ですのでおすすめです。

 

こうした事からわかるのは、ランタンは1つではなく複数用意しておきたいということです。

 

タイプもそれぞれで変えればレイアウトの幅も広がり、必要なところに必要な量の光を確保することができます。

 

とはいえ何個も使うと明るくなりすぎて周囲の人にも迷惑になる可能性がありますのでそこにだけは注意しましょう。


関連ページ

キャンプ初心者のキャンプ場の選び方
キャンプで大切なことの1つがキャンプ場の選び方です。特に初心者の方にとってこれは重要なポイントになりますので、どんなキャンプ場が最適なのかを把握しておきましょう。まずチェックしたいのが自宅からの距離で
キャンプで使うテントの選び方
キャンプと言えばテントですが、テントにもたくさんの種類があるためどれを選んだらいいのか迷ってしまうことも珍しくありません。ここではテント選びの時に注意しておきたい点について紹介します。まずもっとも大切
テントセッティングのポイント
キャンプ初心者の方にとって苦労するのがテントのセッティングです。キャンプ場に着いたらまずはセッティングをするのですが、この作業に時間がかかってしまい予定が大きく狂ったなんてケースも少なくありません。ま
アウトドアクッキングの魅力
キャンプをするうえで食事は欠かせないイベントです。普段の生活のように便利なキッチンやコンロを使えるわけではなく、火起こしから自分でやる必要がありますがこの手間が良い思い出になります。キャンプでの料理、
料理の幅が広がるダッチオーブンを使ってみよう
キャンプでの料理というと使える道具などの関係で同じようなものになりがちですバーベキューやカレーは定番料理で美味しいのですがキャンプのたびに同じメニューだとどうしても飽きてしまいます。そこで便利な存在が
ダッチオーブンのシーズニング
ダッチオーブンを使う時はシーズニングという作業をしなければなりません。使うたびにするのではなく、購入した後に1度行うだけでかまわないのですが、必ずしておかなければならないので注意しましょう。なぜシーズ
初心者がBBQで上手に火をおこすコツ
キャンプの定番であるBBQですが、問題になるのが火起こしです。初心者にとって火起こしは非常に大変で、火が付くまでに長時間かかってしまったり、そもそも何度やっても火を起こせない可能性もあります。ですがコ