ダッチオーブンのシーズニング

ダッチオーブン

ダッチオーブンを使う時はシーズニングという作業をしなければなりません。

 

使うたびにするのではなく、購入した後に1度行うだけでかまわないのですが、必ずしておかなければならないので注意しましょう。

 

なぜシーズニングが必要なのか、実はダッチオーブンにはサビ防止のためのワックスが塗られています。

 

ワックスが塗られた状態で調理をすることはできないので落とさなければならず、この作業のことをシーズニングと呼んでいます。

 

まずは洗剤を使ってダッチオーブンをよく洗いましょう。

 

1度ではなく2度洗いするのがポイントで、ワックスが全部落ちるように念入りに洗っていきます。

 

2度洗いが終わったらワックスは綺麗に落ちるのですが、これで終了ではありません。

 

次にダッチオーブンに薄く油を引いて熱していきます。

 

火の加減は弱火で、時間は1時間くらいが最適でしょう。

 

ゆっくり時間をかけて熱していくことで食材を焼いた時に鉄の嫌な臭いがしなくなります。

 

この作業は1度ではなく、できれば3度ほど行ってください。

 

最後に実際に食材を炒めたりしてみて臭いがしないかどうかを確認するのがおすすめです。

 

使う食材は野菜など、普段の料理で出た不要な部分でかまいません。

 

ここまでが終わればシーズニングの完了で、キャンプの時にダッチオーブンを使うことができるようになります。

 

面倒に感じられるかもしれませんがダッチオーブンを使うなら絶対に必要な作業になりますのでキャンプの前にしっかり済ませておきましょう。


関連ページ

キャンプ初心者のキャンプ場の選び方
キャンプで大切なことの1つがキャンプ場の選び方です。特に初心者の方にとってこれは重要なポイントになりますので、どんなキャンプ場が最適なのかを把握しておきましょう。まずチェックしたいのが自宅からの距離で
キャンプで使うテントの選び方
キャンプと言えばテントですが、テントにもたくさんの種類があるためどれを選んだらいいのか迷ってしまうことも珍しくありません。ここではテント選びの時に注意しておきたい点について紹介します。まずもっとも大切
テントセッティングのポイント
キャンプ初心者の方にとって苦労するのがテントのセッティングです。キャンプ場に着いたらまずはセッティングをするのですが、この作業に時間がかかってしまい予定が大きく狂ったなんてケースも少なくありません。ま
アウトドアクッキングの魅力
キャンプをするうえで食事は欠かせないイベントです。普段の生活のように便利なキッチンやコンロを使えるわけではなく、火起こしから自分でやる必要がありますがこの手間が良い思い出になります。キャンプでの料理、
料理の幅が広がるダッチオーブンを使ってみよう
キャンプでの料理というと使える道具などの関係で同じようなものになりがちですバーベキューやカレーは定番料理で美味しいのですがキャンプのたびに同じメニューだとどうしても飽きてしまいます。そこで便利な存在が
初心者がBBQで上手に火をおこすコツ
キャンプの定番であるBBQですが、問題になるのが火起こしです。初心者にとって火起こしは非常に大変で、火が付くまでに長時間かかってしまったり、そもそも何度やっても火を起こせない可能性もあります。ですがコ
快適なキャンプを楽しむための上手なランタンレイアウト
キャンプ場は夜になると真っ暗になるため照明は欠かせません。そこで活躍するのがランタンなのですが、ランタンのレイアウト次第でキャンプをぐっと快適にすることができます。まず、意外と問題になるのが虫です。虫